2011年6月12日日曜日

スキャンした画像が横に伸びる事があるのをさっき知った

スキャナー - 自炊技術 Wiki*

全然別の事を検索してここに書いてあるのを見たら、スキャナで取り込んだ画像は元画像と縦横比が完全に同じではなくなる場合があるらしい。
読み取り方式がCISのスキャナではあまり歪みが出ないとの事。
ただ、そのページにリンクされている
価格.com - 『横に五ミリほど伸びてしまう…』 クチコミ掲示板
では薄型CISスキャナでも縦の伸びが出ているとの報告がある。
伸びはスキャナの特性上避けてある程度は通れないとも書いてあるし、当たり外れもある。

紙のサイズはJIS規格で決められている。

[001875]スキャナーの読取解像度と出力サイズ/品質との関係

【ピクセルについて】素人的な質問ですいません。  A4版の写.. - 人力検索はてな

画像のスキャニング・サイズ

以上によると、
A4版 300dpi は 2,480x3,508px
となる。


うちにあるGT-7400UはCCDなので歪みが出る様子。
どのくらいなんだろうと思ったので一応方眼のある紙をスキャンしてみた。

スキャン後の画像は2,550x3,509px。
縦の1pxは誤差として、横が多い。
2.8%弱、約5mm長い。(比率を求めるスマートな計算なんてできないので100割ったり掛けたり端数増やして掛けたりして求めた)
グリッド表示して数えてみたら画像右端近くが若干増え幅が大きい。数px分くらい。
知らなかった…。
収穫はスキャン時に両端が何mm切れるかが正確に解った事か。

いい加減古い機種なせいかもしれないけど。
でも滅多に使わないので壊れもしないからなー。
別に正確さが必要でもないのでこのまま使う。買い換える金も無駄にならないし。
そんな事よりいつの間にかガラスの内側にゴミが結構入り込んで貼り付いている方が気になる。
ちょっと怖くて分解できない。

この前までやっていた、顔と体で頭身や比率が違うとかワイド画面対応キャラデザとか評判だったアニメはこの問題のせいだったんですよ、きっと。

ところでどうしてEPSONスキャナからの保存形式には可逆圧縮のはBMPとかTIFFくらいしかなくてPNGがないんだろう。
BMP大きすぎですよ。TIFFは配ってる画像くらいでしか知らないのと形式がたくさんあるらしいのでどうも保存用として不安があるというか。

2011年6月10日金曜日

PSDファイルをレイヤ毎に別ファイルへ切り出し保存

何となく興味を持ったので検索。
PhotoshopのPSDファイル内のレイヤを、それぞれ1レイヤ1ファイルとして出力してくれるソフト。



「PSD to PNG」、「PSD to TGA」、「PSD to BMP」

3DACEの部屋

SOFTWAREのページにある。
レイヤ透明度を保ちたいならPNG、TGAへの変換用を使う。

一番簡単な使い方:
変換したい.psdを実行ファイルと同じフォルダにおいてダブルクリックするとレイヤ名で変換される。同じレイヤ名は上書き。
連番出力はコマンドラインオプションに「/N」を付ける。

大きなサイズの変換で落ちることがあるそうです。
「PSD to PNG」と「PSD to TGA」で、4000X4000px、レイヤ50枚+調整レイヤ(明るさ・コントラスト、ベタ塗り)2枚のレイヤ計52枚ファイルを変換してみて、こちらの環境ではうまく変換できました。
時間は掛かりましたけど。
調整レイヤもファイルになっていました。
もっと複雑なレイヤ構成か、枚数が多いとかカンバスサイズが大きいと駄目なのかも。
「PSD to BMP」はこちらの環境では正常なファイルに変換できませんでした。出力はされるものの斜めった白黒画像に。



「imageUtility」

霧雨の降る日に:imageUtility - livedoor Blog(ブログ)

やっぱりコマンドラインソフト。
スクリプトを書くともっと複雑な事ができるようですが手に負えない感じがしたのでその辺はパス。

PSDから抽出したいだけなら、
imageUtilityプログラムパス -FMT,PNG,32,0,0 -PSD,1,1,1 ファイルパス.psd

を自分の環境に書き換えて「ファイル名を指定して実行」すれば良いと思います。
プログラムパス及びファイルパスに空白が含まれる場合はそれぞれ「"」で括ること。

こちらは-OUTオプションでファイル名を指定しなければ連番で出力されます。
また、調整レイヤは塗り潰し系以外はファイル出力されないようです。
「PSD to ~」より変換速度が速かったです。



「SkyMaker」

Finekit Software Download

やっぱり基本コマンド(ry
配布元サイト掲示板にもありますが、「Skymaker V2.63 実行ファイルアップデートセット」のみをダウンロードすれば良いそうです。
「SkyView.exe」に.psdをドロップするとビューワーが起動するので、一覧を押してレイヤサムネイルを表示させ、ポチポチクリックして行くとその場でレイヤ1枚のpsdファイルとして出力されます。



これらの以外には、ゲーム作成ツールに似たような機能があるのがあるみたいです。

PSDからJpeg…
上のツールで切り出して編集終わってから最後にIrfanvewの一括変換でやった方が良い気がします。
どうしてもという場合はimageUtilityで.jpgも出力できるのでコマンドラインパラメータ書き換えれば済みます。



レイヤ構造そのままでPSDに変換できる単体ソフト。


AzPainter @ 非公式Wiki - テンプレ等
関連ソフトに.apdと.psdの変換ソフトの紹介がある。


緋勇
.psdからMyPaintの.ora形式に変換するソフト。


WPBtoPSDコンバータ
openCanvas1.1の.wpbファイルを.psdに変換。わんぱくペイントの.wpbは無理。


psd 2 CSS Online
あとこんなオンラインサービスが。
PSDでウェブサイトのページレイアウトを作るとCSSにしてくれるそうな。
何だと…色々目から鱗だわ。Webデザインする人用かな。


PSD読み書き機能のあるソフトリストを書いておいたような気がしたが気のせいだったか…。また書いておく。

フリーでPSD読み書き可

AzPainter2
GIMP (Ver.1.2xの頃はレイヤマスクを保ったまま読み書きできたので今もできるんじゃないかと)
Artweaver (0.5xからできる)
Nekopaint Free (ただし読み込みのみ。代わりにAzPainterの.apdが読み書きできる)
Pixia (確かVer.3.x後半からできるようになった)
Paint.NET (要プラグイン)
AzDrawing (モノクロになる)
PictBear SE (ソース盗難で開発停止)
Frayer (まだまだ不安定)
Fotografix (英語。Paint.NETの機能を削って拡張性をなくした感じ)
mdiapp light (配布していない。フルバージョンはカスタムしてoC発売元でも販売中)
Tablr (D&Dすれば統合した1枚だけが上レイヤに読み込まれる。実用度は低い)

他、オンライン画像編集サービスでもできるのがある。

後半に行くにつれて安定性と機能と使い勝手と将来性の壁。


シェア・市販でPSD読み書き可

Photoshop (Elements) (当たり前)
Painter (最近のバージョンは互換性が上がっているらしい)
Paint Shop Pro
SAI
NekoPaint (フルバージョンはPSDが基本形式になっている)
oepnCanvas (3以降)
IllustStudio
Paintgraphic
ArtRage (2のフルバージョンから。フリー版はレイヤなし)
よつばペイント

知名度順?
使ったことのないソフトは忘れがち

2011年6月9日木曜日

線画抽出プラグインとリンク

既に説明したサイトが大量にあるけど、そこに載っていない物の補完も兼ねて。

下記フィルタの適用結果を比較した記事も作ってみた。

まずは基本的なプラグインを紹介しているサイトへのリンク。

Photoshop Elements 線画抽出

↑のサイトに載っているのがメジャーな線画抽出のやり方とそれに使えるプラグイン。リンクされていないのでフィルタ名で検索。

最初から線画抽出フィルタが付いてるのと同じ機能を備えているソフトもある。
・GIMP:Photoshopと同じようにレイヤマスクやチャンネルと選択範囲でのやり方の他、メニュー「色」>「色を透明度に」で白を指定
・AzPainterシリーズ:メニュー「フィルタ」>「アルファ操作」>「明るい色ほど透明に」
・openCanvas(ver.2~):メニュー「編集」>「輝度->透明度」
・猫ペイント:メニュー「レイヤー」>「線画抽出」
・SAI:持っていないが同様の一発線画抽出機能あり
・Artweaverシリーズ:メニュー「Select」>「Auto Select」>「Image Luminance」>レイヤ明度を元に選択範囲が作られるので、新規レイヤを作って好きな色で塗り潰し


以下、上記ページに載っていない分。
どれもPhotoshop互換プラグイン。


Cybia : The Works Plug-Ins for Adobe Photoshop

「The Works」というプラグインセット内に「AlphaWorks」という透明度を編集するプラグインが入っている。
実行すると、パラメータスライダーの上にプリセットがドロップダウンで出て来るので「LINEART WhiteOut ~」を選ぶ。
サイトトップ:Cybia Software for digital artists and photographers



Flaming Pear:Download

「Freebies」というプラグインセットの中に「Ghost」という白を除去するプラグインが入っている。
カラーレイヤもグレー階調化する。
32bit用と64bit用が入っているので、自分の環境用だけ入れておかないとエラーが出る。



Eraser Genuine Plugin - Mehdi - Plugins Photoshop

「Erase」に白、「Presercve」に黒を指定して、下の「Opacity」の「Auto」にチェックを入れるか「Minimum」を0、「Macimum」を255にすれば白を透明化できる。
元々のレイヤの色は保ったままになる。
実行後はEliminate Whiteみたいに一見薄くなるので、レイヤの透明度をロックして塗りつぶしすると元の線画の濃度になる。
サイトトップ:Home - Mehdi - Plugins Photoshop



MuRaのPhotoshopフィルタ・プラグイン集

汎用フィルタのページ内にある「汎用フィルタD」セットの中に指定の色成分を除去するフィルタ「Clear Color」がある。
RGB値で白を指定する。
動作に「MSVCRT10.DLL」が必要なので、同汎用フィルタのページ内にリンクされている「MSVCRT10.DLL」も同時にダウンロードして、Photoshopプログラムフォルダ内かシステムフォルダに入れておく。



その他、PhotoshopフルバージョンのインストールCD内に追加プラグインが収録されていて、輝度を透明度に変換するプラグインが入っている。最近のCSでもそうなのかは知らない。
CS2だと、CDの「その他ファイル」>「プラグイン(オプション)」>「Ffactory」>「Transparency Examples」フォルダの中にある「Lumopac.8bf」がそれ。
これも「MSVCRT10.DLL」が必要だがCDに同梱されている。
最近公開された版も、Cドライブ下に展開されるインストール用フォルダ内にCDと同じ内容が入っていた。



他、線画抽出ではないが便利なプラグイン。


CategoryPhotoshopPlugin - mynote

写真のようなボケ効果とか、網点化とか砂目とか特定用途にも使えそうなのもあり。


MuRa's フィルタ・マイスター

高機能な雲模様作成や極座標変形など。


SmartCurve

Elementsでも使えるトーンカーブプラグイン。
公式サイトにアクセスできない?のでウェブアーカイブに。


MV's Plugins

パース変形、パノラマ・レンズ補正など。


Mysterious Ways - Almathera Plug-in Collection Free Photoshop Plugins Download

セットに入っているLightning Makerは意外とちゃんと雷に見える。ボタンがUIからずれているが使う分には問題なし。


The Plugin Site - Free Photoshop-compatible Plugins

海外のPhotoshop Plug-inの情報が大体載っている。


http://www.mediafire.com/?6la8ykfs4c4l7jc

配布元も消えて久しいので Mezzoforce 1.03 Free版 をごにょごにょしとく。


Free Filters & Plug-ins
Des filtres pour votre PSP
Photoshop filters - Filters
Plugins


配布元が消えてしまった.8bfフィルタ等リンク。


Filter Factory製のプラグイン(ファイルサイズが56KBか48KBの物)を他のPhotoshopプラグイン互換ソフトで使う場合、MSVCRT10.DLLだけでなくPlugin.dllも必要になる時があるようです。
互換ソフトで使おうとしてエラーが出たら、こちらのページの「DLL'S YOU MAY NEED」と書いてある下のリンクか、こちらのページからdllをダウンロードして、互換ソフトの実行ファイルがあるフォルダかシステムフォルダに入れます。